no-image

藤井四段と対局した、近藤誠也とは一体どんな棋士なのか?

5月25日、公式戦18連勝中の藤井聡太四段と対局して敗れた近藤誠也五段だが

実は将棋ファンの間では

藤井四段は近藤五段に連勝をストップされるのでは?

と思われていた程の強豪棋士なのだ。

 

近藤誠也という棋士が何故そこまで将棋ファンに実力を評価されているのか

 

少し調べたところ答えは簡単だった。

なんと羽生善治三冠を公式戦で撃破しているのだ!!

他にもC級2組一期抜け(※1)王将リーグ入り(※2)NHK杯出場(※3)など

説明が面倒ながら凄い実績が目白押し!!

 

そんな強豪若手棋士に難なく勝利した藤井聡太四段の凄さが光る・・・

 

※1 順位戦はプロ棋士が名人を目指して対局する最も重要なリーグ

  5つのクラスに分かれ、新人棋士は一番下のC級2組に参加する

  ここでは引退のかかったベテラン棋士と対局をする事も多く

  相手が負ければ引退だろうと淡々と勝利するという

  勝負の世界に必要な非情さを身につけて上がっていく。

 

※2 プロ棋士で僅か7名しか参加出来ない

  近藤五段はこのリーグで羽生善治三冠を撃破した。

 

※3 新人棋士NHK杯に出場する為には予選で3連勝する必要がある

  藤井四段を七番勝負で破った永瀬六段も今期は予選を突破できなかったりと

  放送までたどり着くのは簡単なことではない。