no-image

藤井聡太 四段 いよいよクリアファイルまで登場(即完売)して社会現象となり始める その影響はとどまる事を知らず、遂に日本中が将棋ブームにまで発展する兆候が!?

対局のなかった日でさえ昼のニュースで特集が組まれる程に報道が過熱した藤井聡太四段だが

今度はクリアファイルが登場したようだ。

  東京都渋谷区の将棋会館では午前10時から売り出され、用意した380枚が完売。連盟のオンラインショップでも同日から販売され、こちらも200枚が売り切れた。

藤井四段のクリアファイルが即完売 将棋連盟公式グッズ第2弾 :日本経済新聞

もちろん発売直後に即完売。

15連勝くらいの時点でも普段ではあり得ない量の報道だに圧倒されたのだが

それすら小さかったと思える最近の報道量。

 

各局は藤井聡太の話はネタ切れ感があるのか

最近は将棋そのものを宣伝してくれているので完全に流れに乗った形だ。

 

将棋は大スポンサーが新聞社という事もあって

スポーツ新聞だけではなく社会面にも登場するのが強み。

更には最近のネット番組での将棋ブームもあり

昼の情報バラエティで主婦層に、新聞でサラリーマン層に、ネット番組で若年層にと

一切隙の無い布陣が組みあがっている。

 

テレビを付けて、また将棋かと思ってチャンネルを変えても将棋の特集

それなら新聞でも読むかと新聞を開くと将棋

ネットの世界も将棋!将棋!将棋!という今までは考えられなかった状況になっている。

 

問題はブーム去った後と言う人もいるが

藤井聡太四段の連敗ストップが誰相手になるかという方が大事かと思う。

今後もタイトル戦に登場するような若手棋士が連敗をストップしたのなら

他のタイトル戦も「藤井聡太四段の連勝を止めたあの人だ!」と話題を広げやすいので。

 

とにもかくにも今は目の前の連勝記録がどこまで伸びるのかに注目したい。