no-image

ゲルケンウンをゲルカヤノと比較レビュー 膝への負担も少なくクッション性最強のランニングシューズが登場!!

アシックス GEL-KENUNを購入してみた

日頃からクッション性の高いゲルカヤノを愛用しているたですが

インターネットで情報を見ると

ゲルケンウンという新たなゲルシリーズが登場しているではありませんか!!

早速注文をしてみたのでゲルカヤノとの比較を中心にレビューしたいと思います。

 

ゲルケンウンとは?

http://img.abc-mart.net/img/event/2/1001354.jpg

 アシックス(asics)は、かかと部に大型のゲルを採用した「ゲルケンウン(GEL-KENUN)」「レディゲルケンウン(LADY GEL-KENUN)」を7月1日から「アシックスストア」各店、オンラインストア、全国のスポーツ用品店で順次発売する。
アシックスのレーシングを除くランニングシューズは、フルマラソンを4時間前後で走るための「FAST」、完走目標・5時間前後で走るための「ROAD」、そして“いつでもどこでも”をキーワードにする「EASY」という3つのラインで構成される。
今作「ゲルケンウン」はその中の「EASY」ラインに属する。

 

「アシックス」から“雲の上”を走るような履き心地の新作ラニングシューズ  |  some(z)up

 

ざっくりと言うと

普段履きようのシューズですね。

レース本番でタイムを出すためというよりも

普段の履き心地に全振りしたようなシューズとなっているようです。

早速履いてみた

ネットで注文をしたゲルケンウンが翌日に届いたので早速履きます。

サイズは普段から履いていたカヤノと同じものを選びました。

ワイドでなくてもゆったり感

ゲルカヤノではスーパーワイドを履いていたので

ケンウンだと細すぎないか心配でしたが

いざ履いてみるとその心配は不要でしたね。

フィット感がありながら締め付けのないゆったりとした履き心地となっています。

別格のクッション性

履いた瞬間に最強のクッション性を実感しました、はい。

 

元々ゲルカヤノを履いていた事もあり

並大抵のクッション性では驚きもしないのですが

このゲルケンウンに関しては未体験のクッション性で衝撃を受けています。

膝への負担ゼロ

ケンウンの名は伊達ではないですね。

本当に雲の上を歩いているような感覚に陥ります。

 

かかとから設置すると膝への負担は殆ど無いんではないでしょうか?

 

ゲルカヤノであっても

グニュッの後に緩和されているとはいえ一気に衝撃が来るタイミングが存在しますが

ゲルケンウンの場合には

時間あたりの衝撃がしっかりと分散されていて、最後にドスンと来る部分がないのです。

 

これはビックリですね。

全てのシューズで改善不可能なのかと思っていたので

ここまで衝撃吸収出来るとは・・・

 

普段から着地の負担に悩まされている方は

ゲルケンウン一択でしょう。

デザイン色々

ゲルケンウンはデザインも豊富です。

特にその中でも、白と黒が入っているのがポイント。

普段履きに使われることを意識して制作されていると感じます。

https://asics.scene7.com/is/image/asics/T7L0N_4901_0010309124_LT?$zoom$

直営限定ですが上記のような青いデザインも存在します。

唯一の弱点

そんなゲルケンウンですが

唯一と言ってもいい弱点があります。

 

購入したてですと

かかとの接地部分の素材の関係で

ツルツルの床を歩くと

「キュッキュッ」という音がしてしまうのです。

 

この音は苦手な人はとことん苦手なタイプの音でしょうから

最初は近所の地面やアスファルトで慣らしてから街履きをする事をオススメします。

クッション性を求めているなら買い

弱点もありますが

クッション性に関しては間違いなく天下一品です。

足への負担を和らげたい方、靴にクッション性を求める方は

ゲルケンウンへの履き替えをオススメします。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。