竜王戦で増田康宏六段が藤井聡太七段に勝利!!増田六段はまさかの矢倉模様に誘導で見事に注目の対局を制す

快進撃を続ける藤井聡太七段ですが
注目の竜王戦で増田康宏六段と激突!!

増田康宏六段が見事な指し回しで勝利を収めました。
これで藤井七段は今期の竜王戦からは脱落という事になります。

矢倉模様

増田六段といえば「矢倉は終わった」という衝撃的な発言です。

この発言、単なる勢いかと思いきや
その後のプロ棋士の公式戦で実際に相矢倉が激減
完全な雁木時代に突入をした事から将棋の未来を予言した発言としても話題になっていました。

そんな、矢倉を終わらせた?増田六段ですが
藤井聡太七段との竜王戦で採用をしたのはまさかの矢倉(っぽい囲い)
携帯中継の戦型分類では「矢倉」になっているので
戦型としては矢倉模様に進みました。

劣勢の藤井聡太七段は
途中で盤上に打つ駒を持ち間違えるなどのハプニングも。
珍しく慌てている様子です。

その後は時間を余らせた増田六段が
慎重な指し回しでそのまま勝利を収めます。

将棋内容だけでなく時間の使い方に関しても増田六段が上回っていました。

藤井聡太七段、矢倉の将棋では二連敗

これで藤井聡太七段は
井上慶太九段との対局に続いて
矢倉の将棋で二連敗ということになります。

藤井七段はプロ入りから日が浅いこともあり
経験が活きやすい矢倉の将棋では先にプロになった棋士の方が有利なのかもしれません。

誰が藤井聡太を止めるのか・・・正解は増田六段!

今週のflashで特集をされた
「誰が藤井聡太を止めるのか」ですが
竜王戦に関してはストップを掛けたのは増田康宏六段でした。

増田六段の師匠である森下卓九段も
順位戦で藤井聡太七段との対局が行われる事が決定しています。