no-image

andoridとiPhoneの比較記事まとめ。乗り換えの際のスペック比較の参考にどうぞ。

スマートフォンを選ぶのにまず最初に考えるのが
andoridスマホにするのかiPhoneスマホにするのかという点かと思います。
今回はその大きな分類で何が変わるのかを参考記事を大量に載せつつ紹介したいと思います。

ハード面での比較

比較の記事を書こうとして思ったのですが
androidは機種間の個性が余りに大きい為に
意外と大雑把な比較をするのは難しい
そこでかなり細かい分類ごとにひとつひとつ比較していくことにしました。

Bluetooth

何故最初にBluetoothの比較をするかというと
iPhoneではiPhone 7からイヤホンジャックが廃止されました。

そうなるとイヤホン関連ではBluetoothを活用する機会が増える事になります。

ところが、iPhoneではイヤホンジャックを廃止した割には
Bluetoothでのオーディオ関連の性能がやや貧弱です。

参考記事 実験で検証! Bluetoothコーデック「aptX」はなぜ高音質で低遅延なのか?

説明は上記のサイトで詳しいので省きますが
Bluetooth接続をした場合には、高音域がバッサリとカットされるのがiPhoneの特徴です。

もちろん、andoridスマホの中でも廉価品では
そもそも「aptX」には対応をしていないので比較にもなりませんが。。。

SDカード

えーと、iPhoneにはSDカードは装着できません!!
素直に諦めるか、初めから大容量の機種を購入しましょう。

一応、外部からぶっ刺すという方法で接続する事は可能なようです。
・・・実用性のほどは不明ですが。

参考記事 iPhoneやiPadで使えるSDカードリーダー13選。これで容量の心配なし

バッテリー容量

iPhoneの泣き所はここでしょう。
現在のandroidの売れ筋ランキングを見ると
主流の機種のバッテリー容量は「3000 mAh以上」となっています。

一方のiPhoneはというと・・・
iPhone7Plusがかろうじで2900mAhという状況です。

参考記事 iPhone、iPadのバッテリー容量の比較・一覧

iPhoneXやPlusシリーズのiPhoneでない限りはモバイルバッテリーを持ち歩くことになるでしょう。

防水・耐水性能

iPhone7からはiPhoneに防滴の機能が付与されました。
これによって雨程度でしたら故障をしないようになったので安心感が高まっています。

世の中には勇者がいるようで
早速iPhone7を水に浸して実験をした方がいたので記事を紹介します

参考記事 iPhone 7は防水らしいので、早速水に入れて試してみた。知っておくべき注意点が4つあるぞ

この方、iPhone7を電源ONで水没させて30分間放置しています。

私の知らない間にiPhoneの防水性能も進化をしていたようです。

おサイフケータイ(FeliCa)

iPhoneは7からFeliCaに対応しています。
おサイフケータイも扱えるとの事でかなり便利になっていますね。

iPhoneに入れたSuicaによる電車などの交通機関の利用、店頭での購入

スペック・性能・機能比較|iPhone

 

実際の使い方を書いてくれて方もいるので参考記事として紹介しておきます。

参考記事 iPhoneでおサイフケータイ(iD)を使うには – iPhone入門

ソフト面

ハードの性能面での比較は上記のようになっていましたが
ソフト面、つまりAndroid OSとiOSでの違いはどのようになっているのでしょうか?

iPhoneでは将棋ソフト(ShogiDroid)が使えない!!

いきなりこれかよという突っ込みが入りそうですが・・・
一部の人間には極めて重要な情報なので記載をしておきます。
(興味のない方は読み飛ばしてください)

アップルストアのライセンスの関係で
将棋のGUIソフトはiPhoneに登場することはなそうです、残念。

参考記事 スマホで最強の将棋ソフトを動かそう!!【android編】

iPhone(iOS)では野良アプリの導入がめっちゃ大変

面倒というより実質不可能と考えていいかと。

検索をしてもHITするのは開発者が社内テスター向けに配布する方法などなので
応用の効きにくい方法です。

ある意味では家族に持たせるならiPhoneの方が安心かもしれません。
特に好奇心旺盛な子なんかはandroidスマホですと
勝手に知識をつけて野良アプリを導入するようなことも多いでしょうし。

野良アプリなんて使わないぞという方にとっては特に不便ではない面ではありますね。
元々自己責任な分野ですし。

iPhoneには「戻る」ボタンがない!?

結構有名な話かもしれませんが
iPhoneには「戻る」というボタンが存在しないとか。
これでは操作が不便過ぎてやっていられませんね。

ではどうやって戻るのでしょうか?
iPhoneファンの方が記事を執筆して下さっているのでそちらを参考にして下さい。

参考記事 iPhoneには戻るボタンがない。必要ないからないんです。その理由とは

どうも慣れると戻るボタンが存在しない方が便利みたいです。
これに関しては一長一短でしょうか。

まとめ

結局のところは好みの問題ですね、はい。

身も蓋もない結論ですがそうとしか言いようがありません。

今回の記事が皆さんのスマホ選びの参考になってくれれば幸いです。