将棋神やねうら王が売っていない!?確実な購入方法は?

将棋神やねうら王が売っていない!?確実な購入方法は?

このたびマイナビから発売された新世代の将棋ソフト「将棋神やねうら王」

テスターの方のツイッター等をみても
その機能性や使い勝手を大絶賛されていたので
私も早速入手をする為に近所の書店に直行しました。

 

マイナビ出版は本日(2018年7月18日),8月10日に発売を予定していた将棋PCソフト「将棋神 やねうら王」の発売日を,8月31日に変更すると発表した。

上記の記事にも書かれているように
発売日は8月31日ということで余裕を持って9月2日の今日に近所の大型書店に行ったのですが・・・・

どこを探しても

「将棋神やねうら王」が置いていない!!!!

PCゲームだから家電量販店の方かと考え直し
今度は近所のヤマダ電機を訪問してみましたが・・・

置いてあるのは「激指定跡道場4」と「金沢将棋」だけ!!!

発売しているのに一体なぜ????

というわけで私も疑問に思ってツイッター検索をかけてみました
すると・・・

店頭で購入したという報告がまだ挙がっていない!!

・・・そうです、マイナビ公式サイトの先行販売と
amazonでの予約をした人でないと現状入手した方はいないようですorz

早くもアップデートで大幅に機能が強化!!

発売はしているものの
まだ店頭には並びきっていない様子の将棋神やねうら王ですが
どうやらすでに大幅なアップデートを計画しており
発売直後の更新によってさらなるパワーアップが行われるようです。

早速そのアップデート内容を見てみましょう

 

『将棋神やねうら王』のUpdate1で追加された機能
〜(中略)〜

大きな機能追加
– 棋譜の自動保存機能
– 対局結果一覧ウィンドウ
– コンピューター同士の連続対局機能

細かな機能追加・改良点
・対局について
– 対局開始&対局終了、勝ち、負け、引き分けの画面エフェクト追加
– 棋譜・検討ウィンドウの読み筋のところ、KI2形式以外にKIF形式、CSA形式、chess形式の表示が切り替えが出来るようになった。
– マウスのドラッグ&ドロップで駒を移動させる時にも、駒が移動できる先の升のエフェクトを表示するように。

・ 棋譜の入出力
– 局面図の出力において、「5八金まで」のように最終手の指し手も出力するようにした。
– SVG形式での局面保存に対応(メニューのファイル→局面の保存)
– KIF形式で書き出した棋譜ファイルがKifu for Windows V7で読み込めない件に対応。 – 柿木将棋の棋譜に手合割と持ち駒が同時に指定されていて、これが読み込めなかったのを改良。
– メニューの「ファイル」→「クリップボードにコピー」,「クリップボードからペースト」追加。
– ショートカットキーの割り当て
– Ctrl+Vをクリップボードからのペーストに割当て
– Ctrl+CをクリップボードへのKIF形式での棋譜コピーに割当て。
– etc..

・検討ウィンドウについて
– 検討ウィンドウに経過時刻、fだけでなくff(小数点以下2桁)まで表示するようにした。- デバッグウインドウで複数行の選択、Ctrl+Cで選択行のクリップボードへのコピーが出来るようにした。
– 検討ウィンドウのカラムの横幅を次回起動時に復元するようにした。

・エンジンの詳細設定について
– エンジンオプション設定、デフォルト値に戻す手段を追加。
– エンジンオプションのデフォルト値をTooltipのなかに表示するようにした。
– メニュー「ファイル」→「設定の初期化」→「各エンジン設定の初期化」を追加。
– メニュー「ファイル」→「設定の初期化」→「各表示設定などの初期化」を追加。

・詰将棋エンジンに関して
– 逆王手がかかっている局面でも詰みを探索するようにした
– 詰将棋エンジンで指定したHashの2倍のメモリが確保されていたのを修正。
– 詰将棋のエンジン設定ダイアログで秒数の指定が出来るようにした。
– 詰み手順を復元する探索ルーチンの中で受け手側の手番かつ王手がかかっている状況で1手詰みルーチンを呼び出すバグを修正した

・開発者向け機能について
– デバッグウィンドウを使う前に「デバッグの開始」を選ばなくても良いようにした。


!!!!!!!?

・・・えっ!!これが無料でアップデートされる(予定の)内容・・・???

いやはやとんでもない量の追加コンテンツですねぇ・・・
家庭用ゲームの有料DLCと比較しても贅沢すぎるほどの機能の追加が含まれています。

しかし問題はどうやって購入をするかです。

そう!!購入をしないとアップデートは行えないんです!!(当たり前)

確実に入手をしたいならネットで購入

結論から言うと
ネットショップでの購入が確実です。
実店舗ですと入荷していない店や、売り切れている店に当たってしまうリスクが結構ありますので。

私のように5〜6店舗の書店・家電量販店を巡るという悲劇を繰り返さないためにも
みなさんにはネットでの購入をおすすめします。