no-image

Arch LinuxでmozcのUT2とneologd-ut辞書を組み合わせた日本語入力環境を実現する方法

Arch Linuxの日本語入力環境ですが

Ubuntuに存在する、neologd-utとUT2を両方組み合わせた辞書がAURには存在しません。

そこで自作する方法をメモしていきます。

方針としてはUbuntu用のneologd-ut+UT2のmozcから辞書ファイルを引っ張ってくる

見出しで言いたいことを全て言ってしましましたが
AURから引っ張ってきたファイルを調整すれば簡単に実現可能です。

まずはARUからmozc-neologd-utをgit clone

git clone https://aur.archlinux.org/fcitx-mozc-neologd-ut.git

PKGBUILDを修正

mozc-neologd-utのPKGBUILDファイルを一部修正していきます。

source=('https://osdn.net/frs/chamber_redir.php?m=ymu&f=%2Fusers%2F22%2F22342%2Fmozc-neologd-ut-2.23.2815.102.20180831.1.tar.xz'
         'https://ja.osdn.net/downloads/users/22/22402/mozc-2.23.2815.102%2Bdfsg~ut2-20171008d%2B20180929.tar.xz'
        # https://github.com/google/mozc/issues/441#issue-321728877
        fix-for-gcc81.patch
        http://download.fcitx-im.org/fcitx-mozc/fcitx-mozc-icon.tar.gz)

sha1sums=('SKIP'
          'SKIP'
          '2bad0705a0a09d8d5a79c874b59c485052da2b38'
          '883f4fc489a9ed1c07d2d2ec37ca72509f04ea5d')

prepare() {
  cp -f 'mozc-2.23.2815.102+dfsg~ut2-20171008d+20180929'/mut/src/data/dictionary_oss/dictionary*.txt mozc-neologd-ut-${pkgver}/src/data/dictionary_oss/
  cd mozc-neologd-ut-${pkgver}/src

  # fix for gcc-8.1
  patch -Np2 -i "${srcdir}/fix-for-gcc81.patch"

太字の部分が修正箇所です。
UbuntuのUT2-mozcのURLに関しては変更がある可能性があるので
https://ja.osdn.net/users/sicklylife/pf/mozc_ut_for_ubuntu/files/?id=11381
上記のURLから最新のURLを確認してください。

あとはビルドするだけ

 makepkg -si

これで完成です。

再起動することで新しいmozcに切り替わります。