Google AdMobの登録方法を画像つきで解説

Google AdMobの登録方法を画像つきで解説

アプリの広告で欠かせないGoogle AdMobですが
利用者層がブロガー層と完全に違っている為にネット上に情報が殆ど落ちていない状況です。
そこで筆者がAdMobを登録した際に行った手順をメモ代わりに画像つきで説明していきたいと思います。

まずはAdMobの登録ページに進む

https://apps.admob.com/ にアクセスをしましょう。
いきなり説明もなしにGoogleのログイン画面に飛ばされます。
いかにも分かってる人向け感の漂うスタートですが、臆せず進みましょう。

AdMob登録ページの説明をよく読もう!!

AdMobのページのログインに成功をすると

いきなり問答無用で登録内容の選択画面が登場します。

筆者の
場合はすでにAdSenseに登録していたので上記のような画面になった

といっても選択する項目で重要なのは受け取り通貨と支払い通貨の部分です。

支払い通貨を選択する画面

どうして広告を表示するのに支払い通貨を選択するのか

これはいきなりの疑問だったのですが
どうやらAdMobは自分の作成したアプリの宣伝用に
手軽に広告を出稿する側にもなれるような仕様になっているようです[要確認]

ですので支払い通貨が出ているからといって必ずしも出稿側としての登録という訳ではなく
広告を表示する側も出稿する側も同じアカウントで手続き可能ですよという感覚でしょうか。

AdMobの利用規約が長すぎるので12行で

利用規約をAIの力を利用してサクッと要約してみました

お客様による本サービスの利用には、お客様による AdSense アカウント(「アカウント」)の開設および当社によるアカウントの承認が必要です。
当社は、お客様による本サービスへのアクセスを拒絶または制限する権利を有します。
お客様は、1 つしかアカウントを持つことはできません。
お客様が AdSense 規約の修正後の規定に同意されない場合には、お客様は、影響を受ける本サービスの利用を中止しなければなりません。
Google がお客様の AdSense 規約の遵守状況につき調査しており、またはお客様のアカウントが停止し、もしくは解除されている場合、お客様への支払は遅れ、または保留となる場合があります。
Google は、6ヶ月以上の期間にわたりお客様のアカウントがアクティブでない場合、本サービスへのお客様の参加を終了し、またお客様のアカウントを閉鎖することができるものとします。
本サービスの利用に関連して実行もしくは留保された支払いについて、お客様に異議のある場合、または Google がお客様のアカウントを解除し、お客様が解除につき異議のある場合、お客様は当該支払い、支払のないこと、または解除から 30 日以内に意見表明の書面を提出することにより Google に通知しなければなりません。
お客様は、アカウント解約手続を完了することにより、いつでも本サービスを終了させることができます。
アカウントは、Google がお客様からの通知を受領したときから 10 営業日以内に解除されたとみなされます。
Google のブランド フィーチャーのお客様による使用により生じる営業上の信用は、Google に帰属します。
お客様は、AdSense 規約に基づく自らの権利を譲渡または移転することはできません。

https://www.qhapaq.org/imakita/call_imakita

もちろん、単なる要約ですので
実際にはしっかりと全文読んでから登録しましょう。

禁則事項を熟読しておく

AdMobには結構厳し目の禁則事項があるので
しっかりと読んでおきましょう。

そもそも自分のアプリにはAdMobを適用できないという可能性もあるので注意して下さい。

AdSense プログラム ポリシー

EU ユーザーの同意ポリシーを確認しておく

最近、EUはネット上の情報収集に関してかなり厳しい態度を取っているようなので
海外向けにもアプリ配信を行う場合には、EU データ保護法に抵触をしないように気を付けましょう。

EU ユーザーの同意ポリシー

登録完了!!

登録の完了画面

以上でAdMobの登録手続は完了です、お疲れ様でした。