Linux(Debian)でフリースポット(フリーWi-Fi)に繋がらない時の対処法

Linux(Debian)でフリースポット(フリーWi-Fi)に繋がらない時の対処法

Linuxにも慣れてきて
外出用のノートPCにもLinuxをインストールしてみると
デスクトップで利用していたときには遭遇しなかった思わぬ壁にぶつかるものです。

今回はマクドナルドやドトール、スタバなどの提供している
無料のインターネット接続に繋いでも
ログイン画面が出てこない時の対処法です。

これは結構切実な問題で
場合によっては上記を解決出来ない為にLinuxのラップトップでの利用を諦めるか検討してもおかしくはないレベルです。

では早速解決策を書いていきたいと思います。

MACアドレスのランダム化を無効化する

いきなり何を言い出すのかという話ですが

PCの通信機器には機器自体に一意の識別アドレスが付与されています。

Debianではこの識別番号が、デフォルトでランダム化するように設定されてるので
その設定を修正しておきます。

 

/etc/NetworkManager/NetworkManager.conf

テキストエディタで上記のファイルを開いて

[device]
wifi.scan-rand-mac-address=no

このような記述を追記しておきます。

あとは再起動をすれば公衆無線LANへの接続がスムーズに行えるようになっているはずです。
上記の作業でも解決しない場合には別のところに原因があるかもしれません。

参考記事:困ったなあ、Debian 9 が無料WiFiの「FreeSpot」に繋がらなくなってしまいました

DebianではホテルやカフェのWi-Fiのログイン画面に遷移させる為のパッケージが初期状態では入っていない

えーと、Debianにも種類がありまして
デスクトップ環境にMateを選択した場合には
一部のパッケージが不足している?のか、公衆無線LANのログイン画面に自動的にリダイレクトしない状態になっています。
なのでパッケージと設定を追加しましょう。

まずはパッケージを追加

sudo apt install network-manager-config-connectivity-debian

設定を記述

sudo pluma /etc/NetworkManager/conf.d/20-connectivity-debian.conf

[connectivity]
uri=http://network-test.debian.org/nm
response=NetworkManager is online
interval=300

下記のファイルにも同じ文字列を追記しておく

sudo pluma /etc/NetworkManager/NetworkManager.conf

 

このパッケージの追加というのが肝で
普通にgoogle検索をして検索結果に出てくる
Ubuntu用の解決策を実行してもDebianでは問題が解決しない原因になっていました。

この記事が読者の方のお役に立てれば幸いです。