no-image

Anarchy Linux(Arch Linux)の初期設定。日本語入力の方法などのメモ

Anarchy Linuxを経由してArch Linuxをインストールしたあとの

日本語の環境づくりなどの方法のメモ。

Anarchy Linuxとは?

Anarchy Linux
昔Arch anywareと呼ばれていた
Arch Linuxのインストールを簡単にしたディストリビューションです。

コマンド一発でArch Linuxにする事が可能なので
今回はこのAnarchy Linuxを利用したインストール後の設定のメモ。

yayはAnarchy Linuxのインストール段階でソフトウェアの追加のインストールを選ぶと
最初から入るので、そこでyayを入れていることが前提

日本語(nihongo,japanese)フォントをインストール

起動をしたら文字が豆腐状態なので
最初に日本語(nihongo)のフォントをインストール。※カッコ内は「nihongo」で検索する人用

ターミナルを開いて

sudo pacman -S otf-ipafont adobe-source-han-sans-otc-fonts

これで豆腐状態の脱出に成功。

日本語キーボードに変更

/etc/X11/xorg.conf.d/10-keyboard.confを開いて

Section "InputClass"
Identifier "system-keyboard"
# MatchIsKeyboard "yes"
Option "XkbLayout" "jp"
EndSection

上記をコピペ。

よく使うパッケージをインストール

sudo pacman -S otf-ipafont bluez blueman rsync ecryptfs-utils adobe-source-han-sans-otc-fonts base-devel lsof hdparm ffmpegthumbnailer gnome-keyring

base-develは必須
hdparmはwiper.shがbashで使えるようになるので手動でtrimする人向け。
ffmpegthumbnailerはArchで動画のサムネイルを表示するのに必要。
フォントは最初と被っているので必要ない人は外すこと。

日本語入力用のIMEをインストール

AURからut辞書付きのmozcを引っ張ってくる。

yay fcitx-mozc-neologd-ut 

残りの日本語入力用ツールをインストール

sudo pacman -S fcitx-im fcitx-configtool

~/.xprofileを編集

export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS='@im=fcitx'

最後の1行がないとJavaアプリ上での日本語入力が効かなくなる。

Bluetooth用の設定

初期状態では足りていないパッケージをインストール

sudo pacman -S bluez blueman

ログイン後にBluetoothがパスワードを聞いてくるのを抑制

/etc/polkit-1/rules.d/81-blueman.rulesというファイルを作って

polkit.addRule(function(action, subject) {
  if (action.id == "org.blueman.rfkill.setstate" && subject.local && subject.active && subject.isInGroup("wheel")) {
      return polkit.Result.YES;
  }
  if (action.id == "org.blueman.network.setup" && subject.local && subject.active && subject.isInGroup("wheel")) {
      return polkit.Result.YES;
  }
});

上記の文章を貼り付け

https://www.linuxquestions.org/questions/fedora-35/blueman-requires-authentication-twice-when-logging-into-account-4175626708/

非公式リポジトリを追加

/etc/pacman.confを開いて

[herecura]
Server = https://repo.herecura.be/$repo/$arch

[aur-archlinux]
Server = https://repo.itmettke.de/aur/$repo/$arch

[archlinuxcn]
Server = https://cdn.repo.archlinuxcn.org/$arch
pacman-key --recv 0x796CA067
pacman-key --lsign 0x796CA067
wget https://repo.itmettke.de/aur/aur-archlinux/aurarchlinux-keyring.pkg.tar.xz
pacman -U aurarchlinux-keyring.pkg.tar.xz
pacman -Sy
pacman -S archlinuxcn-keyring

herecuraはVivaldiブラウザの最新が最速で降りてくるリポジトリ。
aur-archlinuxはaurの人気パッケージを自動ビルドしているリポジトリ。
anarchyのリポジトリは使わないのでコメントアウトしておく。

Oracle Javaのインストール

yay jre

そのまんま「jre」という名前のAURパッケージがOracle Java

インストールが終わったらデフォルトjavaにしておく。

sudo archlinux-java set java-10-jre/jre

ホームフォルダを暗号化

暗号化したいユーザーとは別のユーザーでログインをして作業。

modprobe ecryptfs 
ecryptfs-migrate-home -u <ユーザー名>

終わったら
/etc/pam.d/system-authを開いて

#%PAM-1.0

auth      required  pam_unix.so     try_first_pass nullok
auth      required  pam_ecryptfs.so unwrap
auth      optional  pam_permit.so
auth      required  pam_env.so

account   required  pam_unix.so
account   optional  pam_permit.so
account   required  pam_time.so

password  required  pam_ecryptfs.so
password  required  pam_unix.so     try_first_pass nullok sha512 shadow
password  optional  pam_permit.so

session   required  pam_limits.so
session   optional  pam_ecryptfs.so unwrap
session   required  pam_unix.so
session   optional  pam_permit.so

上記のように変更したあとに
対象ユーザーで再ログイン。

全てのパッケージの再インストール

一通りの設定が完了したら全てのパッケージの再インストールをしておく。

pacman -Qnq | pacman -S -

こうすると最初のブート画面が
「welcome to Arch Linux」になる。

【メモ】skypeのログイン情報が保存されない問題の対処法

Arch Linuxでskypeforlinuxを利用していると
ログイン情報が保存されずに毎回ブートするたびにパスワードを求められるようになっていますが
gnome-keyringをインストールすることでログイン情報が保存されるようになります。

sudo pacman -S gnome-keyring