no-image

菅井竜也王位が叡王戦で小林裕士七段に敗北!!小林七段が決勝へ

10/5に行われた叡王戦の七段予選で

先日タイトル保持者となったばかりの菅井竜也王位が

同じ七段の小林裕士(こばやし ひろし)七段に敗北するという結果になった。

頓死筋をかいくぐり逃げ切る

将棋内容のみどころは

終盤、敗勢になった菅井王位が王手を連発してなんとか逆転を目指した所だろう。

実際には1手間違えると即頓死という筋が数多くあり

それらを短い時間で全て回避した小林七段の対局は見事だった。

まだ見ていない人は是非とも鑑賞して欲しい。

小林七段とは

小林七段は41歳、順位戦はC級1組ながら

銀河戦に準優勝し

竜王戦では実は1組入りした事もある隠れ強豪棋士なのだ。

リーグ戦よりもトーナメントで力を発揮するタイプの棋士という事だろう。

かつては豊島将之八段を破った事もある。

叡王戦の今後

決勝では斎藤慎太郎七段と戸辺誠七段の勝者と戦う事になるが

こちらも目が離せない展開。

この対局に勝った棋士が七段戦の代表になる。

勢いに乗っている小林七段が勝つ可能性は十分にあるだろう。

この対局の模様はニコニコ生放送で閲覧する事が出来る。

【将棋】第3期叡王戦 七段予選 菅井・小林(裕)・戸辺・斎藤 – 2017/10/05 10:00開始 – ニコニコ生放送

関連記事