no-image

藤井聡太 四段は瀬戸市にある雪の聖母幼稚園でモンテッソーリ教育を受けていた!!

プロ棋士として大活躍の藤井聡太四段

実は3歳から幼稚園でモンテッソーリ教育を受けていたとの事。

小さい頃の聡太はやんちゃで、お兄ちゃんと一緒に走り回って遊んでいたという。ドッジボールやボール遊びが大好きな少年だったが、プラレールを与えると部屋いっぱいにレールを組み立てて遊んでいたそうだ。
3歳で入った地元の幼稚園が、モンテッソーリ教育を取り入れていたことは、聡太の頭脳開発に大いに役立ったと思われる。モンテッソーリは20世紀前半に活動したイタリアの精神医で、遊びを仕事として取り入れる教育法を確立した。その教育法は、日常生活の練習、感覚教育、言語教育、算数教育、文化教育の5分野に分かれ、多くの遊び道具や知能教材を使う特徴がある。

『ドキュメント藤井聡太四段』―史上最年少棋士はいかにして生まれたか―|将棋情報局

関連記事

モンテッソーリ教育とは

GoogleやAmazonの創業者が幼少期に受けていた教育で

子供の感性を養う事を重視した教育を行う教育法。

詳しくはWikipedeaを見てもらいたい

モンテッソーリ教育 – Wikipedia

自分がこの教育を知った時には

紹介される著名人は欧米の人間ばかりで

日本人で成功している人なんかいないじゃん・・・と思っていましたが

とんでもない超大物が登場しましたね・・・

 

 

藤井聡太 四段の通っていた幼稚園はズバリどこなのか?

モンテッソーリ教育をしている幼稚園というのはそう多くありません。

私が調べたところ、藤井四段の出身地である瀬戸市でモンテッソーリ教育を行っている幼稚園は雪の聖母幼稚園だけでした。

当園は、キリスト教カトリックの幼稚園です。瀬戸市郊外の小高い所にある、定員105名の小規模園です。子どもたちが、ありのままの自分が大切な存在であることに自信を持ち、大切にされていると実感できる、そんな関わり場でありたいと考えています。またそのことから友だちや先生と共に過ごすことが喜びとなり、人の喜びや悲しみ、痛みに共感できる人間らしさの基本をこの時期に育てたいと考えています。3・4・5歳児の縦割保育、モンテソーリ教育を基本とした保育を行っています。自主的な選択により、責任を伴う自由を獲得することが、自立への道につながると確信しています。制服制帽等はありません。「食」の持つ大切さからお弁当です。

雪の聖母幼稚園ホームページ

瀬戸市でモンテッソーリ教育を行っている幼稚園は他に見当たらなかったため

かなりの確率で藤井四段の出身幼稚園は雪の聖母幼稚園だと思われます。

 

追記:雪の聖母幼稚園で確定のようです。(将棋世界の連載より)

 

日本にモンテッソーリ教育のブームがやって来る!?

藤井聡太四段という驚異の天才を輩出した事で

今後は日本でもモンテッソーリ教育が注目されるのは間違いないでしょう。

 

これから自分の子の幼稚園選びで悩んでいる方は

モンテッソーリ教育を取り入れた幼稚園を選んでみては如何でしょうか。

 

Amazon.co.jpアソシエイト
アマゾンタイムセール開催中