自治体ポイントとは!?使い方や使い道、入手方法を詳しく紹介!!

2017年9月25日から

マイナンバーカードと連携した

自治体ポイントの利用がスタートしました。

その利用方法や入手方法、活用方法を調べたので記載しておきます。

 

自治体ポイントとは?

総務省が導入した

企業が独自に導入しているポイント制度を

自治体ポイントというマイナンバーカードと連携したポイントに一本化出来る制度。

これにより使い道のないポイントは

いったん自治体ポイントに変換してから活用する事が可能になる。

どうやって貯めるの?

当面は企業のポイントとの変換というのが

殆どの人にとっては一般的な自治体ポイントの入手方法になるだろう。

f:id:mikunimaru:20170925054907p:plain

関西電力のはぴeポイントとの交換例

総務省が事前に通達してくれたのか

各企業も既に自治体ポイントと自社ポイントの交換手順などを公表している。

対応企業

現在調べたところ、対応している企業は

オリコ

「マイキープラットフォーム構想」に参画 〜 ポイント交換による地域経済活性化および公益的活動を支援 〜|株式会社オリエントコーポレーション

 2017年9月25日からオリコポイントと自治体ポイントとのポイント交換を開始し、合わせて、ポイント交換開始を記念してスタートアップキャンペーンを実施すると共に、オリコカード会員への積極的な周知を行ってまいります。

関西電力

総務省が導入する「自治体ポイント」と連携した「はぴeポイント」の新たなサービスの開始について|2017|プレスリリース|企業情報|関西電力

 このたび、「はぴeポイント」の交換先として、総務省が導入する「自治体ポイント」を新たに追加いたします。

 クレディセゾン

永久不滅ポイントを交換する|クレジットカードは永久不滅ポイントのセゾンカード

サイモンズ

【お知らせ】ポイントモールリニューアル&自治体ポイントへ交換開始! – SYMONS スタッフ日記

中部電力

中部電力|カテエネポイントと自治体ポイントの連携開始について – プレスリリース(2017年)

当社は、9月25日から、ご家庭向けWEBサービス「カテエネ」のカテエネポイントと、総務省が新たに運用開始するマイキープラットフォーム構想(注)に参加する自治体が発行する「自治体ポイント」の連携を開始いたしますので、お知らせします。

 

 その他にJCBやANA、三井住友カード、三菱UFJニコス、UCカードが参画するようだが

公式サイトに詳細は見当たらなかった。

使い方と使い道

自治体ポイントナビによると

こちらのページから登録が必要なようだ

マイキープラットフォーム

自治体ポイントへの交換は

マイキーIDの登録が必要です。

との事なので素直に登録しよう。

f:id:mikunimaru:20170925062634j:plain

公式サイトの説明

f:id:mikunimaru:20170925063400j:plain

流れを要約すると

  1. マイナンバーカードを発行
  2. マイキーIDを発行※要ICカードリーダーライタ
  3. 各社のポイントカードを各自の企業の指定する方法で交換
  4. 自治体ポイントを利用

という順番になる。

鬼門はマイキーIDの発行だろう

ICカードリーダーが必要という超難度の手順となっている。

マイキーIDの作成・登録には、「マイキーID作成・登録準備ソフト」が必要です。

さらに準備ソフトをパソコンにインストールする必要がある。

Mac用やLinux用のソフトは見当たらない。

 

代行業者詐欺とか出てくる心配を考えてしまう。  

↑そんな事はないね、うん、絶対ない。(棒読み)

 

企業ポイントから自治体ポイントへの変換に関しては

各企業で方法が異なるので

自分が交換したい企業に問い合わせる事になる。

 

既に公式サイトで案内をしている企業もあれば

まだの企業もあり、対応はまばらだ。

この記事を執筆した時点では25日の朝なので

じきに各社公式サイトでのアナウンスは揃ってくるだろう。

有効期限

公式サイトに重要事項というページがあるので一部引用したい。

ご利用にあたっての注意事項

自治体ポイントの有効期限は、ポイント交換成立より300日間とします。

 そう、自治体ポイントは300日経過すると無効になってしまうのだ!!

交換したら早めに使おう。

基本的には使う直前に変換するという利用法になりそうだ。

それで使い道は?

ポイントの使い道は自治体によって異なる。

設定済自治体ポイント一覧

こちらのサイトに詳しく載っている。

 

試しに一番上の

青森県なかどまりポイント 

というページを開いてみよう。

 

 

どんな使い道があるのか・・・

 

 

・・・ 

 

 

 

f:id:mikunimaru:20170925064921p:plain

あっ・・・

 

 

 

・・・ と思ったら

一覧サイトが仕上がっていないだけのようだ。

実際にはめいぶつチョイスという通販サイトで自治体ポイントを利用する事が出来る。

f:id:mikunimaru:20170925075104p:plain

青森なかどまりポイントの使い道の一例

5000ポイントもどう貯めるのかは考えてはいけない

このめいぶつチョイスが日本で唯一自治体ポイントを利用できる通販サイトとなる。

 (色々と感じるところはあるかもしれないが、口に出してはいけない)

オススメの使い方

サイトを探ってなんとか一番お得な利用法がないか考えたところ。

都内在住の人向けではあるが、一番便利と思われる利用法を発見した。

それが豊島区ポイントだ。

豊島区ポイントが最強な理由

豊島区ポイントは通販ではなく商店街で利用できる形式のポイントとなっている。

商店街といってもそこは東京都豊島区

利用可能な商店の一例を挙げると・・・

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • スリーエフ
  • マツモトキヨシ

といった全国チェーンコンビニドラックストアが含まれている。

ただし、豊島区ポイントの利用開始は11月からとなっていので注意しよう。

豊島区ポイント

詳細は上記のページでチェックして欲しい。

 

皆さんも自治体ポイントでお得な生活を送りましょう!!