新型肺炎、ドイツ人同士での感染が発覚、無症状の感染者から潜伏期間中に伝播したようだとニュースで報じられる

新型肺炎、ドイツ人同士での感染が発覚、無症状の感染者から潜伏期間中に伝播したようだとニュースで報じられる

ドイツでのニュースです

引用元:ドイツの無症候性接触者からの2019-nCoV感染の伝播
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMc2001468

武漢の新しいコロナウイルス(2019-nCoV)は、現在世界中で広まっているため、医学界で懸念を引き起こしています。1 2019年12月下旬に特定されて以来、他の国に輸入された中国からの症例数は増加しており、疫学的状況は日々変化しています。アジア以外で獲得した2019-nCoV感染の症例を報告しています。この感染では、初発患者の潜伏期間中に伝播が発生したようです。

なんとドイツでも
無症状の感染者の人から他の人への感染が発覚しました。

ドイツでの感染の経路の図解 一番上が中国への渡航歴のある感染者二番目がドイツ人の感染者(渡航歴なし) ©が上から二番目のドイツ人の感染者と接触したタイミング 患者3,4に関しては一番上の感染者と直接の接触なし

33歳の健康なドイツ人ビジネスマン(患者1)は、2020年1月24日に喉の痛み、悪寒、筋肉痛で病気になりました。翌日、39.1°C(102.4°F)の発熱が発生しました。生産的な咳。翌日の夕方までに、彼は気分が良くなり、1月27日に仕事に戻りました。 by google翻訳

えーと、ドイツ人の患者さんに関しては
高熱が出た次の日には気分が良くなって職場復帰してしまったようです。

症状が現れる前、彼は1月20日と21日にミュンヘン近郊の会社で中国のビジネスパートナーとの会議に出席していました。上海に住むビジネスパートナーは1月19〜22日にドイツを訪問しました。感染の兆候や症状はありませんでしたが、中国への帰国便で病気になり、1月26日に2019-nCoVで陽性でした(図1のインデックス患者)。

ドイツ人の感染者の方に移したと思われる上海のビジネスマンの人にも
移した時点では症状はなかったようです。

1月28日に、会社の3人の追加従業員が2019-nCoVで陽性を示しました(図1の患者2から4 )。これらの患者のうち、患者2のみがインデックス患者と接触した。他の2人の患者は患者1のみと接触しました。

2019-nCoV感染のこの症例はドイツで診断され、アジア外に伝播しました。しかし、病気が短時間で非特異的であった初発患者の潜伏期間中に感染が伝播したように見えることは注目に値します

なるほど、症状が出る前から
他の人に感染を広げてしまうように見えるとこの記事で言及されています。