逆さ傘の全種類を比較検討!!用途に合わせた逆折り式の傘を選ぼう!!

逆さ傘の種類を比較検討!!折りたたみ式から垂直に立てられる傘、ワンタッチでの自動開閉が出来る逆転傘も

最近内側に折り畳める傘というのを見たことはありませんか?

上記の画像のように
傘の折りたたみが通常とは逆方向になることで
濡れにさや、狭い場所での開きやすさなどのメリットがある傘です。

ところが種類が多すぎるので
どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね?

今回は市販されている逆さ傘をまとめて紹介をしつつ
それぞれの機能性や価格などを比較検討していきたいと思います。

 

Carry saKASA キャリーサカサ

結論から言うとこのキャリーサカサが最強の逆さ傘です。

比較検討と言っておきながらそれでいいのかという感じではありますが

画像を見ていただけるとわかるように
折りたたんだ状態で傘を垂直に立てることができるのが特徴です。

これだけですとびしょ濡れになるのでは?と思いがちですが

表と裏が逆に折り畳まれているので外側の面は一切濡れていないんです。

これならレストランや買い物中などに少し立てていても
周りの商品を濡らしてしまう心配がありません

一番便利なのは、電車に乗るときに自分の体に挟んでも濡れないこと。

電車では折りたたんだ傘を自分で管理するしかないのですが
結構その際に自分の服に触れて濡れてしまいがちです。

キャリーサカサならその心配は一切ないんですね。(これは逆さ傘全般に言える特徴ですが)

 

Nijiadi 折りたたみ式 逆さ傘

逆さ傘のなかでも折りたたみ式という斬新な商品

なんと開くだけではなく閉じるときもワンタッチ式!!

しかも価格が安い!!

通常逆さ傘の相場価格は約8000円ですが
このNijiadiの折りたたみ傘は2000円台で購入できます。

折りたたみだからこそ逆折り式がありがたいですね。

カバンに収納する際に濡れてしまいがちで結構苦労しますし。

ただしやや重たいのでそれだけは弱点と言えそうです。

 

KAZbrella カズブレラ

内側に折り畳める傘といえばこれ。

特徴は一見普通の傘に見えるようなデザインでしょうか。

ところが、Amazonのレビューを拝見すると・・・
「重い」「かさばる」という意見がチラホラあります。

車内に常備するような使い方では威力を発揮しそうですが
普段遣いにはややゴツいようです。

 

Supmaker 逆転傘

激安な逆転傘(逆さ傘)。

その特徴は価格と謎の持ち手

特許への配慮なのか不明ですが、持ち手が変な形状をしています。

Amazonで購入可能な激安系の逆転傘は全てこの形状の持ち手なので
なにか理由があるのかもしれません。

テーブルに掛けたりできないので垂直に立てるか壁に立てかけるしかないという微妙な形状になっています。
安いといえば安いですけど、オススメ出来かというと微妙なところでしょうか。

それでしたら2番目に紹介をした
折りたたみ式の逆転傘の方が似たような価格にワンタッチ開閉という付加価値もあるのでオススメですね。
逆折り式の傘の入門としての購入ならありでしょうけど。