no-image

カフェベローチェ。安い美味い静か。レッツノート広げてパソコン作業するのに一番向ているカフェかもしれない。

最近はカフェベローチェにはまっています
カフェベローチェというのは一見オシャレ感全開のスタバ的な店とみせかけて

実は激安カフェという庶民の味方。
特にパソコン作業をするタイプの庶民の味方となるカフェなのだ。

他のカフェとの比較

他の定番大手カフェとカフェベローチェを比較してみる。
あなたのお気に入りのカフェよしもメリットが大きいかもしれない

スターバックスとの比較

カフェの大手と言えばスターバックスです。
良くも悪くも一番話題になるカフェでしょうか

好みが別れるでしょうが
接客に関しては私は断然カフェベローチェの方が良いですね。
関連 スタバの店員がうざい!!? 雑談を振られ困惑。 ドトールに負ける訳だわ・・・ – みくにまるのブログ
スタバの店員はマニュアルに書いてあるのか
雑談を仕掛けてくるので意識低い系の自分にはきつい所があります
メニューもカフェベローチェはシンプルなのに対して
スタバは名前がいちいち凝っているので注文しにくいです。

価格は比較になりませんね。
カフェベローチェはアイスコーヒーが210円
サンドイッチも2つで200円台ですから
飲み物と食べ物を合わせても500円に達しません。
スタバは飲み物だけでもそれくらいしますから財布に優しくないです。

タリーズコーヒーとの比較

タリーズコーヒーはスタバよりも安くスタバっぽい商品を提供するのが特徴のカフェです。
しかし安いと言ってもあくまでスタバ基準、カフェベローチェには一切太刀打ち出来ませんん。

接客面では雑談路線を敷いていないので、割と楽に入れますね。
客層はビジネスの商談?か何かをしている人の比率が他のカフェよりも高めな印象です。
これは立地もあるかもしれません。

椅子の座り心地では勝ち目なし

商談に使う人が多い理由としてはもうひとつ心当たりがあって
タリーズコーヒーは一部の椅子がものすごく高級な椅子になっているんです。
この席を確保するすると自宅のリビングにいるような気分でコーヒーが飲めるので
その点では他の追従を許さない感はあります。
混雑する時間帯にはそんな良席は空いていないんですけどね。

サンマルクカフェとの比較

割と安めでそこそこ種類の多い商品を食べられるのが特徴のサンマルクカフェ
今回する中ではカフェベローチェに近いコンセプトを持つカフェです。
ところがどっこい、客席がぎゅうぎゅう詰めなんですよねサンマルクカフェって
薄利多売なので仕方ないのかもしれませんが、いつも混雑しています。

そういう意味ではパソコン作業には全く向かないカフェと言えるでしょう。
作業の内容にもよりますけど、集中力が妨げられるだけではなく
席を探してうろうろしている他のお客さんがいたりすると
やはり早めに帰らねばという気になりますから作業向けではありません。

雑談やらスマホ弄りには向いているカフェだと思いますよ。
椅子の材質も比較的上質ですし、ただ背もたれが低いのが難点ですかね。

最大の弱点は待ち時間

このサンマルクカフェには待ち時間という最大の弱点があります。
何故か知らないですがどの店舗も注文にもの凄く時間がかかるんですよ。
長蛇の列を作っている事も珍しくはありません。

カフェに行きたい時というのは、リラックスしたい場合が多いので
この長い待ち時間で神経を擦り減らしてしまうと目的が何だかわからなくなります。
メニューが豊富な分仕方ないのかもしれませんが
カフェに来てまで長い時間待つならファミレスでも良い気がします。
ドリンクバー頼めば飲み放題ですし。

ドトールとの比較

ドトールは唯一カフェベローチェに対抗できるカフェです。

味に関してはドトールの方が明確に上です。
接客もスタバのようにしつこくなく、商品を提供するだけのアッサリさ。
提供のスピードもその場で調理する割には早い方です。

客層で言えばドトールは物静かな客が多く、パソコン作業にも向いています。
正直弱点は殆ど見当たりません。

価格面でカフェベローチェがリード

しかしスタバよりは安いと言ってもドトールは激安の部類には入りません。
1食500円を割るのが当たり前のベローチェを基準にしてしまうとやや割高と言えるでしょう。
という訳でコストパホーマンスではカフェベローチェに軍配が上がります。

こんなところでしょうか。
ドトールとの差は味と価格くらいですので
単に休憩したいだけの場合にはベローチェの方が良いです。
軽食目的で入るならドトール、休憩や作業メインならカフェベローチェと使い分けることをおすすめします。

最後はドトールの宣伝のようになってしまいましたが
ドトールのクオリティが高すぎるだけです。
そのドトールに対抗しているのですからドトール派でまだカフェベローチェを利用していない人は
是非カフェベローチェも1度試してみて下さい、そのコスパに驚きますよ。